薬剤師として病院に勤務

最新の薬剤師で病院に就業したらどんな仕事をするのでしょうか。業務内容や実際の労働条件等を紹介します。

病院で薬剤師として働く

薬剤師が病院で働く場合、メインとなる仕事は「調剤」と「服薬指導」になります。ただし、近年は院外処方箋を発行する病院が増えているため、これまでの病院薬剤師の仕事と異なり、入院患者へのケアが中心となる病院が増えています。一般的に病院薬剤師の業務は以下のように多種多様です。

●病院薬剤師の仕事
1. 調剤・服薬指導
飲み合わせや副作用・量・飲み方などをチェックする他、処方医への疑義照会、患者さんへの服役指導も重要な仕事です。患者さんの中には、複数の疾患がある方も多いため、他科受診やOTC薬との併用などのチェックも大切です。

2. 注射薬の供給
治療のための注射薬には効果の強いものも多く、投与量や経路・速度・期間などを処方箋と照らし合わせチェックして調合します。中には混合すると濁ったり、薬の効果が落ちてしまったりするものもありますので注意が必要です。

3. 医薬品情報の提供
ドクターレターと呼ばれる厚生労働省発行の緊急安全性情報や製薬会社のMR(医薬情報担当者)、文献などから医薬品の有効性や副作用などの情報を集め、医師や看護師などにスピーディに的確に伝えます。

4. 病棟での薬剤業務
入院施設のある病院では、患者さんごとに配薬カードにあわせて薬をセットしたり、緊急時用の病棟在庫薬剤の定数管理をしたり、患者さんが持参したお薬の管理も行います。また、入院中のベッドサイドでの服薬指導や退院時の服薬指導も大切な仕事です。

5. 調剤録・薬歴・薬品の管理
使用した患者さんの投与量や製造番号などの調剤録・薬歴の作成と管理、医薬品の購入・保管、各部署への供給などです。医薬品の管理は、湿度や温度、光などによって品質が変わってしまうため、適切な管理が重要です。

●病院で働くメリット
1. やり甲斐を感じることができる
2. さまざまな知識を身につけることができる
3. スキルを積むことができる
4. 他職種の人と関われることができる

●病院薬剤師の年収
病院薬剤師の平均年収は、調剤薬局薬剤師と同じく約400〜650万円です。ただし、夜勤勤務がある病院の場合、夜勤手当が年間30〜50万円ほどつくこともあります。公立病院ならば、長年勤務することで800万円を超える薬剤師も少なくありません。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る