薬剤師としてドラッグストアに勤務

最新の薬剤師でドラッグストアに就業したらどんな仕事をするのでしょうか。業務内容や実際の労働条件等を紹介します。

ドラッグストアで薬剤師として働く

最近では、保険調剤を行うドラッグストアも増えてきましたが、薬剤師がドラッグストアで働く場合、メインとなる仕事は「市販薬に関する相談業務」になり、薬剤師が販売員の役割もすることになります。しかし、現実には薬剤師が行うべき業務以外のいわゆる「雑用」も多く、そのためにやり甲斐を感じることができずに転職する薬剤師も少なくありません。

年収は病院薬剤師や調剤薬局薬剤師よりも多いものの、就職先として意外と人気がないのも「やり甲斐を感じられない」という理由が多いようです。ただし、これからのドラッグストアは在宅医療やセルフメディケーションの受け皿ともなり、薬剤師は地域住民が安心して健康のことを相談できる専門家としての役割を期待されていますので、薬剤師本来のやり甲斐を持てる職場となる可能性はあります。

●ドラッグストアの薬剤師の仕事
1. 市販薬の相談
病院に行くほどではない、忙しくて病院に行けないという人のために、症状に合わせてどの市販薬が良いのかをアドバイスします。病院や調剤薬局の薬剤師に比べ、市販薬の知識が必要となります。

2. 処方箋の受付・調剤・服薬指導・会計
医薬分業化により、最近ではドラッグストアでも調剤を併設している店舗が多くなってきています。こうした店舗では、市販薬の相談以外にも、処方箋の受け取り⇒調剤⇒服薬指導⇒会計までの一連業務を行うことになります。もちろん、調剤業務がありますので、受け取った処方箋に疑問点があれば、処方医に疑義照会する仕事も行います。

3. 薬歴・薬品の管理
調剤業務のある店舗では、通常の調剤薬局と同じく使用した患者さんの投与量や製造番号などの調剤録・薬歴簿の作成・管理、医薬品の管理・発注などの業務も行います。

●ドラッグストアで働くメリット
1. 収入が多い
2. 店舗によっては長時間勤務になったり、深夜勤務があったりすることもあるが、大手チェーンになると有給の消化率や福利厚生がしっかりしていることが多い

●ドラッグストアの薬剤師の年収
ドラッグストアの薬剤師の平均年収は、病院薬剤師や調剤薬局の薬剤師より多く約400〜700万円です。ドラッグストアの場合、初任給の相場も高く、店長クラスで活躍する薬剤師になると600万円を超えることも多くなります。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る