現在の薬剤師の求人の実際問題を知っておこう

最新の薬剤師求人情報を探す前に男性薬剤師における求人状況について学んでおきましょう。

薬剤師の求人の実態について

■薬剤の販売ニーズは昔と比べて増加傾向
薬剤師といった職業は、資格さえあれば就職が比較的に簡単に出来ると言われています。
その最もたる要因が「求人の多さ」と言えるのではないでしょうか。

就業先も調剤薬局やドラッグストア、製薬会社に病院と様々なシーンで活躍出来るとあって人気の職種です。

さらに、昔に比べドラッグストアの増加やコンビニエンスストアでの薬剤の販売、などますます求人は増えていく傾向になっています。

しかし、そんな引く手あまたの薬剤師ですが、近年競争率が増えていくのではないかと懸念されています。薬剤系教育成度の見直しに始まり、薬科大学の乱立などで2012年以降、薬剤師を志望する新卒者が急増し薬剤師の求人状況は、不飽和状態に陥るのではないかとも危惧されています。

さらに、病院薬剤師などの新卒者をメインに採用する場所などでは、とても中途での採用枠と言うのを見つけるのは難しいとされているのが現状です。

さらに、医薬品のメーカーやMR職のような職種の場合、ドラッグストアや調剤薬局のような場所から転職する場合などは、かなり就職が難しいとされています。

メーカーでは、むしろ他業種からの営業経験者を採用する傾向が強いようで、どちらかというと薬剤師といった仕事とは雰囲気が違います。

■地方における求人も多くなってきている
つまり、その分この分野での求人も少なくなってしまっている、と言う事が言われているのです。とはいえ、実際薬剤師の求人は多いと言うのが現実です。

近年では、都心の求人より地方における求人の方が多いと言われています。

この事から、いくら求人が多くても自分の就業したい場所に就職出来るかどうか分からず、ある統計では離職率が3,1だという高い数字もだしていると言われています。

薬剤師自体の求人は多いものの、遠方に出向かなくてはならなかったり、勤務時間や職場の雰囲気で嫌気がさしてしまう事もあるそうなので、手放しに喜べる状況ではないのです。

ただし、パートやアルバイトと言えど、時給は2000円を超える為、求人の多さと待遇に羨望のまなざしで見られる事は未だかわりはありません。

もし、自分の希望と合う就業先を見つけたいのであれば、薬剤系専門のキャリアアップサービスや転職コンサルタントと相談の上、求人を探していく事をお勧めします。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る