就業活動に使う履歴書の書き方を知っておこう

最新の薬剤師求人情報を探す前に薬剤師の履歴書の書くコツについて学んでおきましょう。

薬剤師の履歴書の書き方について

■絶対に手を抜いてはいけない履歴書作成
どの職業であっても、履歴書の記入は絶対に必要です。

薬剤師にいたっても当然であり、自分の歩んできた人生を書き記す履歴書というのは本当に大切な物となります。

薬剤師の面接における履歴書の重要性は、かなり高い位置を占めます。新卒者を優遇して採用する傾向が高い薬剤師だけに、この履歴書の記入には絶対に手が抜けません。

まず、履歴書を作成する前に空白が目立ってしまう履歴書は相手にもされない、と言った前提を頭に入れておきましょう。

なので、氏名や住所など略す事なく包み隠さず記入していく事が重要です。さらに学歴ですが、中学校辺りからの記入で構いませんが学部など事細かに記載してきましょう。

そして、職歴ですがあまり空白が目立つと見た目に良くないので、職歴と経歴が同一でかけるタイプの履歴書が有効となります。ここで一番気をつけたいのが、前職等の退職理由です。

あまりネガティブな事を書くと、正直採用側も「うちもこうやって辞められたらどうしよう」と懸念されてしまいます。

■丁寧に書いて印象を良くしておこう!
出来るだけ前向きな意味に捉えられるような、書き方をして印象を良くしていきましょう。また、薬剤師と言うのは良く字を書かなくてはならない仕事です。

ここで、履歴書の文字が汚かったり、訳がわからない文字で書いてあると不採用の可能性も出てきてしまいます。数字など、美しく書く事で職場で働いている雰囲気を採用者に想像させやすと言えるのです。

資格はあるにこした事はありませんが、なくても今後取得予定、と十分に意欲を見せる様に記していく事が大事です。

■志望・PR欄への記入も忘れずに!
そして、かなり重要なのが志望・PR欄です。ここでしっかりと、薬剤師に対する情熱とこの職場への意欲を書き記さないと、経歴が似ているような方との差が歴然と出てきてしまいます。

ここは再度確認される事が多いので、余白が目立たぬようアピールしていきましょう。

さらに、夜遅くなってしまう事や休日出勤などに対応出来る事も重要です。ここは、必ず可能としておいた方が、採用に繋がるでしょう。

結局ではありますが、その職場に自分の力が絶対に役に立つ、といった事をアピールし、情熱をもって働けると分かってもらう事が大切なのです。

履歴書はあなた自信を写す鏡のような物、手を抜かずに上記の事を守って書いていきましょう。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る