現在の薬剤師の不安と転職する理由とは

最新の薬剤師求人情報を探す前に薬剤師における転職理由について学んでおきましょう。

薬剤師が抱えている悩みと転職理由について

■2人に1人の割合で転職したいと思っている?
資格を保有している事で、相当な求人量のある薬剤師。

薬科大学の乱立等の薬剤師業界の不飽和状態も懸念はされているものの、やはりまだまだ一般庶民からしてみると高待遇で引く手あまた、といった印象が強いですよね。

しかし、実は薬剤師の2人に1人が転職を希望しているという現実をご存知でしょうか?

この理由は人それぞれとなっており、一概には言えませんが根本的な部分では一緒のようです。

まず、男性薬剤師の場合は「やりがい」を求める傾向になっています。

そして、女性の場合は「現状を取り巻く環境の不満」「家族・結婚」などとなっているようです。

確かに薬剤師の仕事と言うのは、意外にハードな部分もあります。休暇がとれなかったり、長時間労働だったりと身体的にも負荷が相当かかって来ると言います。

■ハードな割には給料が高くならない・・・、やりがいをどこに持てば・・・
この事を踏まえ一番の転職理由として挙げられているのが、「給料に対する不満」「スキルアップの為」といったこの2が大きな理由だそうです。

男性の場合の平均年収は600万円程度ですが、どんなに頑張っていても給料は上がらず、頭打ちの状態になってしまう事が、やりがいへの意欲低下の原因にもなっています。

つまり、次の就職先に求める部分は「やりがいとスキルが高められ、給料面でも評価してくれる」と言った事になるでしょう。

とはいえ、そう思って転職した方々が、全員希望通りの就業先になっている訳ではありません。残念ながら、自分の希望とは全くマッチしない職場に転職し、結果やめてしまうといった事が多く起こってしまっているようなのです。

このことから、転職をするならば「転職をする本当の目的は何なのか?」「今は転職のタイミングなのか?」という理由をハッキリ自分の中で明確にしておく事が一番重要な事です。

事実、医療費削減や診療報酬の減少で給料が下がる事が懸念されている薬剤師業界。

この厳しい状況を勝ち残って、今より良い就職先を見つけようと言う事自体、大変な事なのです。理由や目的を明確かし、有意義に転職を成功させて下さい。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る