現在の薬剤師における再就職とその現状を知っておこう

最新の薬剤師求人情報を探す前に薬剤師の再就職状況について学んでおきましょう。

再就職とその実態について

■タイミングも大切な再就職
求人倍率の多さから、薬剤師の再就職というのは比較的、他業種から見れば有利と言えます。

しかし、いくら求人が多いからと言って自分の希望通りの職場や、高待遇の職場に就職出来るとは限りません。

さらに、薬剤師に限った事ではないかもしれませんがタイミングも重要になってきます。

退職を経てからの転職なのか、在職中における転職なのか、その辺りの状況も踏まえて動かなければなりません。

さらに転職先の条件などは薬剤師の種類にもよってきます。

例えば、管理薬剤師などは長年同じ職場で勤めていた方が通常付けるポストです。
なので、その方がやめた穴を埋める為の求人になってきますし、同じ職場からの選出が通常なため外部から新しい人を採用する為の求人というのは、ひどく少ないのです。

さらに、病院薬剤師であれば求人の少なさは歴然です。

基本的に、病院薬剤師というのは、新卒採用しか受け付けていない場所がほとんどで、中途とはいえどパートやアルバイトなど、自分の求めている待遇とは格差が出てきてしまいます。

その状況に追い打ちをかける様に近年、薬科大学の乱立や、医療系の薬剤大学が6年生になり一気に新卒者が出てきてしまい、薬剤師業界の求人は一気に不飽和状態を迎えるとさえ言われています。

■多くの求人情報から良い情報を探すにはどうしたらいい?
しかしだからと言って、どこでも再就職出来ればよいとなってしまうと自分の求めている薬局でなかったり、人間関係で離職を選ばざる終えない状況になてしまいます。

事実、3,5といった離職率を出してしまっているのが現状です。

引く手あまたといわれるこの薬剤師業界ですが、逆に求人情報が氾濫しすぎている事で「どうすれば良いのか分からない」という方も急増している現実があるのです。

そんな時に利用して欲しいのが、薬剤師業界に精通しているコンサルタントがいるような、転職支援サービスを利用する事です。この方法を利用する事が失敗を防ぐ方法となります。その理由として、薬剤師業界という場所は業界内でしか出されていない非公開求人も多くあるということです。転職支援サービスを利用していれば、コンサルタントが斡旋してくれる可能性は大きいでしょう。

しかし、コンサルタントには、自分のスキルや条件など、ありのままを伝えましょう。でないと、自分が後々損をしてしまうだけです。

知識が豊富で業界内でもトップクラスといった転職支援サービスをうければ、必ず希望の再就職先が見つかるはずです。根気よく探していきましょう。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る