現在の管理薬剤師の求人状況を知っておこう

最新の薬剤師求人情報を探す前に管理薬剤師における求人状況について学んでおきましょう。

管理薬剤師の求人状況について

■通常の薬剤師より管理薬剤師の求人は少ないが・・・。
薬剤師の求人倍率は非常に高く、5.3倍といったデータもある程です。男女問わず非常に求人が高い薬剤師は、資格を有する者にとっては非常に有利な職業と言えます。

しかし、都心などの中心部に比べ、地方での求人が圧倒的に多い事もあり自分の理想通りの就職先がなかったり、さらに薬剤師の教育制度の変更、薬科大学などの増加により2・3年後の新卒が増えてしまう事での、求人倍率低下が危惧されています。

勿論、そういった可能性もあるのですが、現状では薬剤師の求人は他の職業に比べて非常に多いと言うのが現実です。

ただし、薬剤師と一言でいっても役職によってはその求人倍率が多少違って来ると言います。

その中でも、通常の薬剤師の求人より少ないと言われているのが「管理薬剤師」の求人です。この管理薬剤師といった職業は基本的には、同じ店舗でまず薬剤師として就職し、何年か続けていく事でなることの出来る役職だからです。

なので、採用者側が基本的にあまり、管理薬剤師名目での求人を出していない、と言う事になります。

例えば、通常の企業に勤めていた場合、始めは新入社員として会社に入り、その働きぶりや勤続年数を加味されて係長、課長、部長とポストが上がっていくと思います。

つまり、管理薬剤師というポジションはこの部長の位置づけ的なものとなっているのです。

では、全くこの仕事には求人がないのかと言うと、そうではありません。経験者を優遇して、現在働いていた管理薬剤師の穴を埋めるべく求人をだしてくる場合も中にはあるのです。

しかも、未経験でも採用可能な場所も極稀にあるので諦める必要はないでしょう。

■一般的な薬剤師よりも収入が多い。
管理薬剤師は、経営や人事など薬剤に直接関係ない仕事も行う場合もあるのでこの辺りの資格や経験は非常に強みとなってくるかもしれません。

ただし、この求人は業界内だけでの動きとして出される可能性も大きいため、薬剤師の求人に強いコンサルタントなどがいる転職支援サービスを利用した方が、有効に探す事が出来るでしょう。

管理薬剤師は、普通の薬剤師よりも求人が少ない分、年収等も100万円程度違いますので魅力的ではあります。

どうしても管理薬剤師になりたい方は、コンサルタントと共に探していく事をお勧めします。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る