現在の男性薬剤師の求人状況を知っておこう

最新の薬剤師求人情報を探す前に男性薬剤師における求人状況について学んでおきましょう。

男性薬剤師の求人状況について

■男性の看護師さんは意外に多い!?
薬剤師という職業にどんなイメージをお持ちでしょうか?
薬のスペシャリストとしての高い専門知識を持ち、プロフェッショナルとしての誇りを持って働いている。そんな薬剤師なんだから、きっと男性が多いのではないか、といったイメージが世間には強いようです。

しかし、薬剤師の男女比はと男4:女6と言われており女性が若干多いと言うのが現状です。とはいえ、男性薬剤師の求人が少ないといった事はありません。

ただし現状、男女問わず、薬科大学の増加、6年生制度の導入などで将来的に薬剤師の求人は飽和状態を迎えるのではないかと懸念があります。

むしろ今に時代も、男性薬剤師の求人は多方面からあり資格さえあれば、苦労はしないと言われています。

例えば、製薬会社でMR職のように薬を買ってもらう営業職のような場合であれば、男性薬剤師の活躍を企業も期待しているでしょう。
■求人数は多いのが現状
では、この引く手あまたの状態で、男性薬剤師の就職や転職は望んだようになっているのでしょうか。

実は、求人倍率が高い分安易に仕事を決めてしまい、その結果、自分にあっている職場でなかったり将来が見えない、などの理由で失業している人も多いと言うのが現実です。

薬剤師や他の医歯系の仕事の求人倍率は、一般有効倍率のより5%程高く、正直まだまだ求人状況はかなり良いといえるのではないでしょうか。

しかし、どこでも入れるといった適当な考えで就職・転職するのは実に危険です。当然、薬剤師にだって種類は様々ありますし、職場にだって色々な性格の人もいます。

入ってから、やっぱり違うとなってやめていけば、クセがついてしまいます。薬剤師であっても、他の仕事を探している人同様にリサーチは必要です。

求人が多いからこそ、吟味が必要なのです。
自らの理想を高く掲げている男性薬剤師の方は、真面目に細かくリサーチを行っています。

自分自身の将来がかかっているのですから、薬剤師として誇りを持ち続けれる職場を選んでください。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る