現在の薬剤師の求人倍率を学ぶ

最新の薬剤師求人情報を探す前に薬剤師の求人倍率について知っておきましょう。

薬剤師の求人倍率について

■かなり高い薬剤師の求人倍率。
現在、薬剤師の求人倍率は一般的に、かなり良いと言われています。

薬剤師という医師などの医療系求人は、普通一般の職業に比べやはり需要も高く待遇も良いの事で、人気のはずですが何故こんなに求人倍率が高いのでしょうか。

その背景には、薬剤師の人手不足と言った事が挙げられます。実は、薬剤師といった仕事は人口が多い都心部等に集中して求人が多い訳ではないのです。

逆に、人口が少ない地方に薬剤師の求人が集中してしまっている現状があるのです。

理由も様々ですが、地方の場合学生自体が少なかったり、薬学部が存在しない、などそもそも薬剤師の資格がない方が地方には多いのが原因と言われています。

とは言え、他の一般職の求人倍率が0.5倍など、かなり低い水準で移行しているのに対し、薬剤師の求人倍率は厚生労働省の報告によると5,3倍といった衝撃の記録があるのです。

この数字を見るだけでも、どれだけ薬剤師が足りていないのかと言った事が分かります。

今、これほどまでに求人倍率が良い薬剤師なだけに「いつでも就職出来る」と安易に考えている方もいるようですが、この求人の高さには背景がある事をご存知でしょうか。

空白の2年間と呼ばれる期間が、この状況に深く関与しているといった意見が業界では通説となっているのです。薬学部が6年生になってしまった事と、薬科大学の乱立により2012年以降の新卒者が急激に増えてしまい、薬剤師の求人状況は急速に悪化するのではないか、と危惧されていつのです。

■一方で離職率も高いのが現状
しかし、新卒者が少ない今の状況を考えるとこの求人倍率の高さは、まだまだ続くと考えられます。

地方の薬剤師不足から、採用者は待遇を良くせねばならず、薬剤師に問ってみれば、求人は増える・待遇は良くなると良い事尽くめに感じますが、実際の現場では離職率が3,5といった状況も無視は出来ません。

職場が閉鎖、人間関係の悪化、将来が見えない、など様々な理由で転職を余儀なくされてしまう方も多いのです。求人が多いからといって、決して自分の思い通りの職場に就職出来る訳ではないのです。

もし、この膨大な求人の量から自分に合った職場を探したいのであれば、薬剤師専門の転職支援サービスや医療系のコンサルタントと相談して、就業先を探していく事が、良い就職・転職の第一歩です。辛抱強く、自分の希望とマッチンングした職場を見つけてください。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る