転職活動時におけるの面接のコツ・ポイントを知っておこう

最新の薬剤師求人情報を探す前に薬剤師の面接の上手な取り組み方とそのポイントについて学んでおきましょう。

薬剤師の面接のコツとポイントとは

■もちろん身だしなみを整えることは当たり前。
どの職業でも、転職しようと思うのであれば履歴書を作成し、面接を受ける準備をしなければなりません。

当然、薬剤師であってもこのプロセスは必至となります。

なので、薬剤師になる為に、しっかりした身だしなみと態度で面接をクリアしていきましょう。

今まで、採用されてきた方の面接合格のポイントはまず、清潔感のある身だしなみを心がけている、といったところです。

■清潔感をアピールすることは絶対条件。
例えば、男性であれば髪の毛が長過ぎない事や不精ヒゲがちゃんと処理されている事、女性であれば髪の毛は長ければ束ねたり化粧も濃過ぎないナチュラルな感じを心がける事です。

ダーク系のスーツに白のシャツやブラウスで清潔感をアピールしてくだい。

そして、最も大事な事が面接時間に遅れない事です。

もし遅れそうになるのであれば、必ず電話を入れる事です。出なければ社会人として、疑われてしまうので、身だしなみ以前の問題となります。

10分前には到着している事が、印象を良くすると言われています。

■面接の表情の作り方に気をつける
面接がスタートしたら、背筋を伸ばしきちんとした姿勢で、面接官と対面する事が基本です。拳も軽く握りヒザの上に置いておきましょう。

また、面接中は自分の話ばかり話さない方が良いでしょう。相手が質問した内容に対し、的確にハキハキ答えられれば大丈夫です。

また、転職の場合ですが前職場の悪口や業界の不満は御法度です。正直、印象は悪くなるだけななので上手な言い回しを心がけた方が、「気を使える方だな」と思われますので、真摯な態度で臨むべきでしょう。

表情は、2分咲きの笑顔で、自然と口角が上がっているような表情が好印象です

。ムッとしていたりうつむいてばかりでは、どんなに良い事を言おうが落ちてしまいます。最後に、自分の仕事に対するモチベーションの高さをアピールしておくべきです。

どの職場であれ、やる気と情熱に溢れた人材は重要です。堂々と、無駄な事は喋らず面接官と話せれば薬剤師としての道が開けるはずですよ!頑張ってください。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る