現在の病院薬剤師の求人状況を知っておこう

最新の薬剤師求人情報を探す前に男性薬剤師における求人状況について学んでおきましょう。

病院薬剤師の求人状況について

■求人が少ない病院薬剤師
比較的、求人状況が安定している職業と言われているのが薬剤師です。
男女問わず、薬剤師の資格を保有している事で、わりかし苦労せずに就業出来ると言われています。

薬剤師の勤務場所は様々あり、調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などもあり求人の多さと、自分の希望とがマッチングしやすい環境と言えるでしょう。

そして、安定的に就業し続けられるとあって、人気のある職場が病院での薬剤師、病院薬剤師です。大規模な病院であれば安定した収入や、長期的な就業も見込める事が要因です。

しかし、この状況を逆手にとると、現在就業しているも病院薬剤師は職場を離れない。と言う事になりその分、人手は足りているので求人は極端に少なくなっているのです。

基本的な流れとして、病院薬剤師は薬科大学等卒業後、その1.5割程度の人数が病院薬剤師として採用されていると言います。

求人の割合的には非常に多い様に感じますが、厳しい現状病院は、「新卒者」しか採用しないといった事が定説になっているのです。

なので中途採用と言うのが著しく少なく、転職先として病院薬剤師を選ぶ事は的外れではないかとも言われています。

■薬剤師専門の転職サービスを使うしかない!?
さらに、この状況に追い打ちをかけるのが薬科大学の乱立や、薬剤師制度の改定等様々な要因で2012年度以降、新卒者が増え益々、病院薬剤師の求人は不飽和状態に陥っていく現状とされています。

しかし、極稀に病院薬剤師としての求人もある事にはあります。ただし、正社員といったポストではなくパートやアルバイト採用だったりしてしまうのです

。病院の独特の医局制度から、この状況は手の打ちようがないのです。

ただ、どうしても病院薬剤師として就業したいと言う方であれば、薬剤師専門の転職サービスを利用する他手はありません。

個人の力では、探し出せないような業界の求人が多くあったり、自分の条件に合った求人を的確に探し出してくれるので、こういった専門の転職機関にコンサルティングしてもらい、狭き門となっている病院薬剤師の求人を手に入れる事が賢い選択といえるのではないでしょうか。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る