現在の講習の募集情報の探し方

最新の薬剤師求人情報を探す前に高収入募集案件の探し方について学んでおきましょう。

高収入案件を探す方法について

■給与面で大きなメリットのある薬剤師
資格さえ持っていれば様々な求人に対応出来る薬剤師。

しかし、高い専門知識とスキル、薬学部を卒業といった、高い壁を乗り越えて手に入れられる資格なだけに、給与面でも大きく優遇されています。

とはいえ、収入面ではどこに勤務しようが一緒と思ってはいけません。薬剤師であったとしても、給与面での条件が、良い場所と悪い場所が存在するのです。

まず、薬剤師といった職業の平均の年収を抑える事が必要です。

薬剤師には、様々な業態があります。調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社に病院など、それぞれ待遇は違ってきますが、基本的な薬剤師の年収はおよそ500万円程度だと、言われています。

■30代の平均年収と比べて転職先を探すのがコツ
一般のサラリーマンに比べれば確かに高収入と言えますが、もし薬剤師として高待遇で働きたいのであれば、この500万円を目安に探してみると良いでしょう。

給与面には当然、幅も出てきます。薬剤師の就職先としてスタンダードな調剤薬局の場合であれば、新卒からの入社で400万円となっていますが、平均的な所で言えば400〜6000600万円と言うのが普通です。

製薬会社などに就職すればピーク時には800〜1000万円となります。しかし、インセンティブといった成果報酬の出る企業の場合なので待遇は実力次第となるようです。

しかし、最も重要な場所として年齢と年収のバランスを加味しなければなりません。
薬剤師は30歳に収入面がグッと変化する職業なので、30歳代の平均年収と照らし合わせて転職先を選ぶ、といった方法が高収入案件を探すコツとなります。

地方によって給与面と言うのは変化幅が広いのが薬剤師です。都内で貰っていた収入が、地方の平均収入より高かった場合、転職しても待遇は良くない場合もあるのです。

逆に、地方の場合薬剤師不足を危惧して高待遇な求人をしている場合もありますので、こちらも視野に入れておくねきでしょう。

この事から、相場調査という方法は一番高収入案件を探すのに重要な位置を占めているのです。
しかし、年齢が高ければ転職先は即戦力が求められます。

年齢とのバランスを考えて就職先を選ばなければ、結果続ける事ができません。自分の実力と年齢、収入をしっかり踏まえて高収入案件を探してください。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る