治験コーディネーター(CRC)の仕事と現在の求人

最新の薬剤師求人情報の関係のある情報として治験コーディネーターのお仕事について学んでおきましょう。

治験コーディネーター(CRC)の仕事内容と求人状況

治験コーディネーター(CRC:clinical research coordinator)は、治験に参加される患者さん(被験者)の人権を守り、治験を円滑に進めるための治験協力者として、治験をサポートをするのが主な仕事内容となります。

治験は研究でもあるため、通常の診療では行わない検査などが行なわれます。そのため、被験者はボランティアとして参加しているにもかかわらず、大きな負担を課せられることになります。被験者は服用している薬が有効かどうか、副作用がでないか等たくさんの不安も抱えているため、CRCは診察に立ち会い、被験者にわかりやすい言葉で診察内容を説明し、不安な気持ちをやわらげる役目を担っているのです。

被験者への説明以外にも、症例報告書へのデータ転記、被験者の来院予定・検査予定などのスケジュールの管理等も行い、治験全体が円滑に実施できるようにもしなければいけません。治験コーディネーターになるためには、実は特別な資格はいりません。

一部の民間団体がCRC養成講座や認定制度を行っているようですが、これはあくまでも「民間資格」のようなものになりますので、スキルアップ制度の一環程度に考えましょう。資格のいらないCRCですが、ほとんどが元看護師や元薬剤師、元臨床試験技師の人たちとなります。

治験コーディネーターの仕事は、資格の有無を問わず携わることができますが、求人内容には「看護師、薬剤師、臨床検査技師等の医療有資格者」と記載されていることがほとんどですので、医療関連企業での勤務経験が求められているということが理解できるでしょう。

もちろん「必須」条件ではありませんが、これらの資格を持っている人が優遇されるということになります。看護師や臨床検査技士は薬の知識はありませんが、CRCとして働くためには、医療チームとのコミュニケーションが円滑に取れる人でなければならないということもわかりますね。

治験コーディネーターの求人は、業界の規模から考えると求人数は多くなります。医療機関の求人数よりも、アウトソーシング企業の求人数のほうが多いという状況です。

<治験コーディネーター求人例>
【求人先】治験施設支援企業 【従業員数】25人
【応募資格】薬剤師、臨床検査技師、看護師。治験コーディネーター経験不問
【仕事内容】クリニック等で治験を実施する医師等の手伝い。
【基本給与】218,750円〜312,500円







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る