臨床開発モニター(CRA)の仕事と現在の求人

最新の薬剤師求人情報の関係のある情報として臨床開発モニターのお仕事について学んでおきましょう。

臨床開発モニター(CRA)の仕事内容と求人状況

臨床開発モニターはCRAとも呼ばれるもので、治験の進捗をコントロールする、または、その試験結果により得られたデータを回収するなどが主な仕事内容となります。

臨床開発モニターは、薬の開発におけるサポートとも言うべき業務となり、さらには病気と闘い新薬を待ち望む患者さんのためにも必要不可欠な存在だと言えます。

やりがいはとても大きく、日々、新たな薬を患者さんのためにと、大きな目標を持つこともできる仕事となるのではないでしょうか。

ただ、CRAの仕事は一般の職業に比べ、残業も比較的多く、月間にして考えると残業はおよそ30時間程度になると言われています。CRAとして働き出して間もない場合の給料は、高収入とまでは言えません。

しかし、3年ほど勤めると、年収は、およそ450万円程度となり、残業における手当もプラスされるようになりますので、収入面における問題は申し分ないと言えるのではないでしょうか。臨床開発モニターの仕事は、出張が多い仕事にもなります。

そのため、乗り物類に乗るのが苦手という人はあまり向いていないかもしれません。臨床開発モニターは未経験でも働くことができますが、医療チームとの連携で考えても、やはり薬剤師や看護師、臨床検査技師、MRの資格を持っていなければなれないことが多いようです。

臨床開発モニターへ転職するためには、以下のような人が成功していると言えるようです。

1. クオリティーの高い症例を誰よりも多く集められるフットワーク。誠実で論理的思考が出来、ドクターから信頼の厚いモニターであること。
2. 英語が話せる。仕事の移動時間中や休日に勉強する向学心がある。
3. 常日頃から後輩の指導育成に努め、リーダーシップがある。

この3つの要素が収得できていることで、より臨床開発モニターとしてのキャリアアップにも繋がりますし、給料アップにも繋がることが可能となるでしょう。







>> 最新の薬剤師転職サイト人気ランキングをもっと見る